大人オリジナル小説

世界の端で僕ら恋をした 【R-18】
日時: 2018/03/17 08:05
名前: 黒星

「ああっ…」
どれくらいたったのだろう
「優っ…好きだ…」

ガチャッ

「ただいま」
お母様だ
「優介、入るぞ」
とお父様の声がする
自分たちが何をやったのか。
それはわかっていた
「優ちゃんっ!何をしているの!?」
お母様が嫌なものを見たかのような顔をする
「優介!離れろ!」
みつかってしまった。
子供ながらにそう思ったのを今でも思い出す
その時の自分は冷静で優介と離れることになるとわかっていた
「リビングルームに来い。分かったな。」
といつもより怖い顔でいつもより怖い声で言われた。

リビングルームにいくとお母様と怖い顔したお父様がソファーに座っていた。
その向かいに俺達は座った。
「座りなさい。」
そうお父様に言われたら素直に座るしかない
俺が座ると優介も座った。
「お前らは何をしたのかは分かっているな?」
「はい」
そう問われ「はい」としか言えなかった
「何であんなことしていたの?」
そうお母様に問われ俺達は黙ってしまった
「……俺は…優が好きだ。」
優介がそう言うとお母様は絶望的な顔で僕を見ていた。
「…そんな事を聞いても意味が無い。優。お前は鈴木へ行け。もうお前などこの家にはいらない」


文字化けが起こるかも知れません。
文字化けをしていたら読みにくくなるかとおもいます。
申し訳ありません

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28



Re: 世界の端で僕ら恋をした 【R-18】 ( No.28 )
日時: 2020/08/01 21:13
名前: 841

どうも、841です。
今日はお知らせがありまして、こちらのサイトで投稿をすることが難しくなりつつあるので違うところでしたいと思ってる所存ということと、この小説、世界の端で僕ら恋した。ともうひとつ、俺はこの感情を知らないは残し、新しいところで続きを書きたいということです。
なので、新しく、投稿するところはTwitterの方でお知らせを致します。
名前 どんコレラ
鍵はつけておりません。
いつでもDM、リプどうぞ
注意、このお知らせは、1年経ったら消します。

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。