大人オリジナル小説

新型コロナウイルスから身を守ろう
日時: 2020/06/13 15:55
名前: 山本蒼紫

体と健康
今日は、新型コロナウイルスについて

まどか「ほむらちゃん、新型コロナウイルスって何?」

ほむら「新型コロナウイルスは、今までのとは少し違う新しいタイプのコロナウイルス。このウイルスが体に入ると、熱が出たり、咳が出たり、息をするのが苦しくなったり・・・本当に酷い場合には、死んでしまう事もあるの」

まどか「そうなの!?」

ほむら「その位強いウイルスって事ね」

ほむら「これが新型コロナウイルス。↓すごく小さいの」

まどか「じゃあ、見えないって事?」

ほむら「全く見えないわね・・・人間とウイルスの大きさを比べてみると、地球と人間ぐらいの大きさの違いがあるの」

まどか「そんなに小さいんだ・・・」

ほむら「そう。ウイルスは目に見えないから、知らない内に人に移ってしまうの。口から、口や鼻へ・・・手から手・・・物から手・・・手から体の中へ」

まどか「そっか・・・手に付いてても、見えないんだね・・・」

ほむら「そう。見えないから、どこにいるのか分からないわ。だから、綺麗に見える所もウイルスがいるかも知れないと、想像する事がとっても大事なの」

まどか「ウイルスがいるかも知れない・・・?」

ほむら「ウイルスは見えないから、人から移されてしまうかも知れないし、人に移してしまうかも知れないわ。みんなで気をつけないとダメなの」

まどか「じゃあ、どうしたらいいの?」

ほむら「これから言う3つの事を守ってくれるかしら?
    @石鹸で手を洗いましょう。特に、遊んだ後や、家に帰って来た時。
    ご飯を食べる前にはしっかり手を洗いましょう。石鹸で手を洗うと、
    手にくっついているウイルスが洗い流されやすくなるし、ウイルスをバラバラに壊せるの。
    だから、しっかりと時間をかけて手を洗いましょう」

まどか「うん!」

ほむら「A洗ってない手で鼻や口、目を触らない。手や指に付いているウイルスは、鼻、口、目から
    体の中に入るの。ウイルスが体の中に入らなければ、病気にならないからね」

まどか「うん!」

ほむら「B人と近づきすぎない事。人と近づかなければ、ウイルスが移る事も、
    移す事もないからね。新型コロナウイルスが少なくなるまでみんなで守りましょう」

まどか「うん!守るよ!」

ほむら「そうね。横は2m以上あけましょう。前と後ろも2m以上あけましょう」

まどか「友達に近づけないから、こんにちはのポーズ!」

ほむら「いいわね。みんなでこんにちはのポーズをやってみましょう」

まどか「やってみよう!」

ほむら「後は、しっかりご飯を食べてしっかり寝ましょう」

まどか「はーい!」

ほむら「新型コロナウイルスの薬が、予防注射ができるまで、十分気をつけましょうね」

END

Page:1



Re: 新型コロナウイルスから身を守ろう ( No.1 )
日時: 2020/06/17 07:32
名前: とある作者

二次小説か、個人にてどうぞ。

Page:1



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。