大人二次小説(BLGL・二次15禁)

【雑多.3L】君色汚染。《》
日時: 2020/06/06 22:22
名前: 憑 ◆R1q13vozjY
参照: http://www.otona-kakiko.com/profiles/index.cgi?mode=view&no=10391

 書き直しました。
 改めまして、こんにちは。憑です。

 新規以外に登載しているものは昔の物で、過去にこのサイトや別サイトで載せたことがあるものです。
 あとこのタイトル昔のスレから引用してきたんですけど、くそくそくそ良くないっすか????((

※ジャンル雑多
※更新はまちまち
※短編完結後、一時的にスレロックを解除します


――

《 目次から読むことを推奨 》


《目次》※○がNL ●がBL ◎がGL ☆R含む ★G含む

【新規】

【打ちきり供え物】(いつか続きを書くかも?)
◎【発情期なんです】もみしず/東方/>>15-16 ☆
●【結婚したいくらい好き】おそトド/おそ松さん/>>17-18 ☆
◎【忘れるための方法】レイアリ/東方/>>19
●【Q.E.D.】モブ×乱歩/文スト/>>13-14,>>21 ☆

【昔のやつ】
●【カラ松が無痛症になった話】おそカラ/おそ松さん/>>1
◎【何度目の遺書】レイマリ/東方/>>2-3
●【路地裏で】モブ×一松/おそ松さん/>>4-7 ☆
●【二人だけの戯れ】カノシン/カゲプロ/>>8-10 ☆
●【すれ違い】おそトド/おそ松さん/>>11-12 ☆
◎【恋の結果】レイマリレイ/東方/>>20

Page:1 2 3 4 5 6



Re: 詰めた【雑多/不定期】《モブ×乱歩》 ※掘り物更新 ( No.20 )
日時: 2019/07/17 19:05
名前: 憑 ◆R1q13vozjY
参照: まだあったので......供え物(?)

「突然の告白だが。私は霊夢が好きなんだ」
「……………どうしたの魔理沙」

よう、私は霧雨 魔理沙!
普通の人間の魔法使い!将来は大魔法使いになる事だぜ。
……とまぁ、そんな大きな夢抱えた私にも悩みはある。

「だーかーらー、私は霊夢が好きなんだ!!なぁアリス、どうしたら良いと思う!?」
「……帰れ」

全く持って、私の親友アリスは酷いぜ。
恋に悩んで悩んで悩める乙女に手を貸さないとはな!

……そんな思いをそれとなーく伝えると渋々応えてくれたが。

「んで?……それで、魔理沙はどうしてそんな思い詰めてる訳?つまらない理由だったら無視を決めこむわよ」
「酷いぜアリスゥ。霊夢が振り向いてくれないんだよ!」

本当、七色の人形師はつれない。
本当にマジでつれない。
つれる時と言えば、機嫌が良いときか満月の日だけだ。

「…………心配しなくて大丈夫」
「は、はぁあ!?相談した意味ないじゃねぇか!」
「まずねぇ……あんた鈍感過ぎるのよ。分かる?」
「全く何を言ってるか分からないぜ!」
「でしょうね」

私はアリスの問いににっこり笑顔で元気よく答える。
しかし、アリスはと言うと、呆れたと言わんばかりに頻りに溜め息を吐く。
何をそんなに面倒臭そうにしているのだろうか?

まぁ、いい。
私が霊夢の気持ちをちゃんと汲み取ってあげられていない、ということに気付かされたのだ、感謝しよう。

「まぁ、ありがとなー、アリス」
「はいはい、いってらっしゃいな」

アリスの家を駆け巡るかの様に出ていき、直ぐさま箒に跨がった。
後ろを振り返ると、アリスが玄関先で見送ってくれていた。
少し嬉しい気もする。

「よ、霊夢!」

箒で神社に行くのはあっという間だ。
霊夢を見やると、心底面倒臭そうに、しかし何処か嬉しそうにしている。
………変な奴だ。

まぁ、そこが良いかと言われりゃ、そこが良いんだけどな!!

「また来たの?……まぁ良いわ、お茶でも飲んでいきなさい」
「お茶までくれるのか!?太っ腹だなぁ、お前」
「そんな軽口叩いてるとあげないわよ」

そんなことを言いながらも霊夢はいそいそと準備をし始める。
アリスに言われた通り、いつも以上に観察してみる。

……まずは目。いつも通り、誰かを軽減したり企んだりしている様な目ではない。でも何処か嬉しそうだ。
そして次は眉毛。眉毛は……よく見えないから分からないな。
その次は口元。口元はいつもと比べ、緩んでいる。良いことでもあったのだろうか?
そして更に、雰囲気だ。何処か冷たげだが嬉しそうで楽しい雰囲気がひしひしと伝わってくる。

「なぁ、霊夢。良いことでもあったのか?」
「何よ急に。……んー、まぁ、有るわね、今」
「今ぁ?霊夢も面白い冗談言うようになったなぁー」

茶化すように笑うと、霊夢は不機嫌そうに顔を歪めるばかりだった。
……何故だろう?
不味い事でも言ってしまったのだろうか。
何が、何がいけなかったんだろう。

「……本当に嫌いだわ、そういうとこ」
「え?」

突然、嫌いと言われ体が固まる。
当の本人はらしくないようにけらけらと笑っている。
ああ、ついに失望されてしまったのだろうか。
申し訳ない。
協力してくれた奴に申し訳ないし、何より傷付けてしまった霊夢に罪悪感が体を埋めていく。

「………なんてね、確かに嫌いだけど、私はあんたの事好きよ」
「何だよ、霊夢。本当に酷いぜ。........っては?」

笑いかけて一件解決、の筈がまだ続いてる。
今日の霊夢は何か可笑しい。何がって、全部だ。

「アリスに相談したの、昨日」
「…………え」
「…………好き。..魔理沙は?」
「えっ、あ、あぁ……好き、だぜ?」

アリス……もしかして、私達が“両思い”だって事を知っていたのか?
本当、性格の悪い女だ、彼奴は。
突然過ぎて頭が回らない。何なんだ、この気持ち。
でもま、思いを伝えられたんだ、ようやく。

「晴れてハッピーエンドか?」
「道中に何も無かったでしょうに」

ーーーーーー後日談
「聞いてくれよアリス!……実は明日、霊夢とデートなんだ。どうすればいい?」
「私を便利屋か何かと思ってるでしょ、貴女」

Re: 詰めた【雑多/不定期】《モブ×乱歩》 ※掘り物更新 ( No.21 )
日時: 2019/07/27 10:05
名前: 憑 ◆R1q13vozjY

「意味判んないし気持ち悪い」

 乱歩は気持ち悪そうに顔を歪めると、男を見下す様な声色で吐き捨てる。男の言葉は理解できる様だが、酷く嫌悪感を懐いている様だった。
 男はグッと髪を引っ張る手に力を込めると更に引っ張り上げ、じろりと粘っこい視線で乱歩を睨み付けた。かなり興奮している様で、絶え間無く荒い呼吸を繰り返している。乱歩は熱っぽい男の吐息を浴びせられ乍、冷たく男を見遣った。

「じゃあ、身体に教えてやるよ」

 男は舌嘗めずりをし乍、威圧的に云い放った。欄干に突き刺していた刃物を抜き、乱歩の方に刃先を向ける。乱歩は思わず体を強張らせた。
 乱歩は背後でガチャガチャと、拘束具を外そうとするが、拘束具は全く身動ぎもせずじっとしている。乱歩の力だけで外せるような代物では無かった様だ。足も動かそうと試みるが、変わりは無かった。

「......は? 何する気?」

 早く拘束を解かないと何れ殺されてしまう。此れは、性欲処理を僕に委せて後は殺す気なのかも知れない。そう思った乱歩は、動揺を表に出さぬ様に努め乍静かに問い掛けた。
 男はニヤリと笑うと、刃物を器用に扱い乱歩の服を裂いた。乱歩が視線を下に向けると、色白な肌がチラリと覗いた。男は作った切れ目に手を添え、次に、力任せに切れ目を広げていった。乱歩の茶色い羽織物は男に無理矢理引っ張り取られ、床に棄てられた。
 唖然とした様にボーッとしていた乱歩ははっ、と息を呑むと、拘束が許す限り身動いだ。

「ッ、やめろ!」

 虚しい程に露になった胸板に、男の手が忍び寄る。乱歩はひっと息を吸ってしまうのを堪え、叫んだ。

「......じゃあ、此れだけ塗らせてね」

 男は一瞬手を止めれば、一度懐に手を仕舞い込む。善かった、一先ずは扶かった。そう思った乱歩の期待を裏切る様に、男は容器を取り出した。男は指先にたっぷりとクリームの様な物を乗っけると、乱歩の胸板――否、主に桜色の突起へと塗り込まれた。

「何なの、此れ」
「何れ判るさ。......乱歩君ならきっとね」

 乱歩は男の答えにムスッとして、口を閉じた。

Re: 【雑多.3L】君色汚染。《モブ乱》 ( No.22 )
日時: 2019/11/13 21:00
名前: 憑 ◆R1q13vozjY

――何れ判るさ。......乱歩君ならきっとね。
 数刻後、乱歩はこの男の言葉の意味を厭でも理解することになった。否(いや)、乱歩自身が自ずと理解するのではない。理解を強いられていた。
――あの時塗られたものは、媚薬だ。
 乱歩は苦虫を噛み潰したような顔で思考を巡らせる。桜色の突起物は、見るからに大きくなり赤みを増していた。触らないと鎮まらない様な、なんとも云えないむず痒さ。乱歩はほんのりと頬を紅潮させつつ、滲み出てくる欲望に顔を逸らす。
 突如、何者かの声によって静寂が打ち消される。正体は、数刻振りの声だった。

「やぁ、調子はどう?」

 男はそう云いにしゃりと笑い乍、欄干に手を付いて乱歩を見下す。最悪だよ。そう言わんばかりに乱歩は唇を歪め、舌打ちで返事をした。
 正体不明のクリームを乱歩に与えたあの後、男は妙に勝ち誇った顔で「ちょっと準備をしてくるから、待ってて」とまるで親が子をあやすような口調でそう吐き捨てた。準備とは一体何をするんだと、困惑顔を浮かべた乱歩が疑問をぶつける暇も無いほどに、男は速やかに部屋を後にしたのである。その男が、いつの間にか帰ってきていたらしい。

「そう。随分と強情だね。まぁ......いつまで続くか見物、かな?」
「そういえばお前、準備をすると言っていたな? 一体何をする気なんだ?」

 余裕ぶる男が癪に触るのか、乱歩は厳しい口調で責め立てる。瞳は閉じられているが、乱歩の目は男をしっかりと捉えていた。しかし男は堅く口を閉じ、にしゃりとした笑みを崩さず、更に乱歩に詰め寄って行った。

「君みたいなただの警察官が僕を拐かした所で探偵社の誰かが――......ッ!?」

 何も答えない、或いは質問をはぐらかしてばかりの男に痺れを切らしつつあるのか乱歩は挑発の言葉を述べる。最中、電気のようなピリッとした感覚が脳内を荒らした。

「っく......ふぅ、ぅ」

 乱歩を何処か知らない場所へと連れていこうとするような刺激は、男が起こしているものだった。男は乱歩の耳元に唇を寄せた儘、指で乱歩の胸飾りを弄んでいる様だった。乱歩は声だけでなく吐息をも漏らさぬように唇を噛み締めつつ、薄らと目蓋を上げると伏せ目で自身の胸元に目を落とした。男の指が繊細な動きをしているのが分かる。胸飾りの先端だけを擦ったり優しく摘まんだり、或いは、焦らすように乳輪だけをなぞったりもしている。まるで胸板上のダンスである。

「こういうことをするんだよ、乱歩君。分かったね?」

 男は一頻り乱歩の胸飾りで遊んだ後、にっこりと笑みを浮かべる。次に乱歩の耳元でわざとらしくそう囁いた後、顔を上げて乱歩の額に自身の額を擦り付けた。

Re: 【雑多.3L】君色汚染。《》 ( No.23 )
日時: 2020/06/06 22:21
名前: 憑 ◆R1q13vozjY

 皆さんこんにちはこんばんは、お久しぶりです。
 いつかのときにモブ乱続き書くから待っててね!って言って早数ヶ月、未完のまま打ち切り供え物にお蔵入りとなりました。

 理由は色々あるのですがそう、一つ挙げるならば文ストのキャラを掴めなくなりつつあるから、ですね。
ぶっちゃけ小説の方は落とし所なんてどうにでもなるもんなんですが、極度のキャラ崩壊というのは個人的に自分が許すことが出来ず……!と、いうクソクソ自分勝手な理由から話を打ち切ることと致しました。
 個人的には再度文ストを履習したときにでも再開したいお話、なのでそのときまで当分はお預けですかね……!

 っという、お知らせと共に生存報告でございました。
 次来る時までに何書くか決めときます。何か…奇跡のような話ですけど、リクエストか何かあったらそれを書くかもしれないですね。

Page:1 2 3 4 5 6



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。