大人雑談掲示板

月花の庭園
日時: 2019/11/17 18:23
名前: 月灯 (ID: D6X4Nb68)




 月灯りの下、白い花を待つ

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31



Re: 月花の庭園 ( No.286 )
日時: 2021/01/17 00:04
名前: 白花 (ID: MZtdagnx)

っ……!(助けを求めた瞬間神田の目つきが変わった、かと思えば目では追えぬ速さで刀が横切る。心から恐怖を感じると声が出ないとはこの事かと口元を抑える手は震え思考停止)

Re: 月花の庭園 ( No.287 )
日時: 2021/01/17 00:08
名前: 白花 (ID: MZtdagnx)

アレン


なっ……、はぁ、こうなったら僕はもう止められないんだよなぁ(神田は助けたつもりだろうが助けられた本人は固まっている、おーい、と手を振ってみるも届かないようで。対してスイッチが入った月の笑みと、何事もなかったかのような神田。ここは入るすべがないと小さく息を吐く)

Re: 月花の庭園 ( No.288 )
日時: 2021/01/18 21:14
名前: 月灯 (ID: McW0.Kc7)

白花、大丈夫ですよ(恐怖で固まっている白花を抱き寄せ、髪を撫でる)それで、これは何かな?ユウ君(六幻を投げられた事は、まだ良い。だが、白花を怖がらせた事については別だと、六幻を神田君に投げ返した)

Re: 月花の庭園 ( No.289 )
日時: 2021/01/18 21:19
名前: 月灯 (ID: McW0.Kc7)

神田ユウ


そいつが困っていたようだから、止めただけだ(投げ返された六幻を容易く掴み、鞘に仕舞う。白花の方を見つつ「少しやり過ぎたか」と思い、数秒考える)…悪かったな(だが、よけい怖がらせただけだと思い、白花に小さく頭を下げ謝る)

Re: 月花の庭園 ( No.290 )
日時: 2021/01/18 22:21
名前: 白花 (ID: MZtdagnx)

あ…いえ、すみません(気付けば抱き寄せられていて六幻は彼の方に戻っている。自分のせいで神田くんが怒られる、と思い視線を向ければ謝罪の言葉と共に頭を下げていた)

Re: 月花の庭園 ( No.291 )
日時: 2021/01/18 22:25
名前: 白花 (ID: MZtdagnx)

ううん、速くて少しびっくりしただけ、…助けてくれてありがとうっ(月に笑みを向け体を離す、頭を下げる神田に慌てて背筋を伸ばし此方も頭を下げて)

Re: 月花の庭園 ( No.292 )
日時: 2021/01/18 22:35
名前: 白花 (ID: MZtdagnx)

アレン


神田は間違えて当ててしまうとかはないでしょうけど、人にすぐ刃物向ける癖、神田のよくないところですよー(素直に謝る神田の姿に物珍しく見つめ、少し面白げに人差し指で頬を突く)

Re: 月花の庭園 ( No.293 )
日時: 2021/01/19 00:06
名前: 月灯 (ID: McW0.Kc7)

……まあ、白花に怪我がなくて何よりです(助かったという白花と、珍しく謝罪している神田君を交互に眺める。少し自身もからかい過ぎた点も否めないし、白花も大丈夫そうなので良しとしようと思い苦笑する)ユウ君、もう少し考えなさいね(白花を抱き寄せたまま、神田君に一応注意しておく)

Re: 月花の庭園 ( No.294 )
日時: 2021/01/19 00:13
名前: 月灯 (ID: McW0.Kc7)

わかっている(アレンの指先を柔らかく掴み、自身の頬から逸らす)お前が困らせるような真似をするからだろう(自身も悪いが、それ以前の月の行為が問題だろうと、月へと軽く返した)

Re: 月花の庭園 ( No.295 )
日時: 2021/01/19 00:23
名前: 白花 (ID: /XK1VBbn)

ははっ…、今回は神田くんの意見に賛成です(注意し合う二人を見て思わず笑いが溢れた、抱き寄せる月を見つめ意地悪な笑みを浮かべ言葉を述べる)

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31



スレッドをトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 4000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。