大人雑談掲示板

月花の庭園
日時: 2019/11/17 18:23
名前: 月灯 (ID: D6X4Nb68)




 月灯りの下、白い花を待つ

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38



Re: 月花の庭園 ( No.75 )
日時: 2020/11/21 00:14
名前: 白花 (ID: uqFYpi30)

アレン

こっちは必死で耐えようとしてたのに…( ぶつぶつと小言をいいながらも、後ろから包み込まれては神田の匂いに安心してしまう。くるりと振り返っては優しく彼の背中に腕を回して )

Re: 月花の庭園 ( No.76 )
日時: 2020/11/21 08:58
名前: 月灯 (ID: McW0.Kc7)

白花になら、そう思われると幸せです(白花の額に触れる口づけを)

ああ、アレン君達も二人だけの空間を創造していますね(口づけを離し、ちらりと視線だけでアレン君の方を見る)

Re: 月花の庭園 ( No.77 )
日時: 2020/11/21 09:03
名前: 月灯 (ID: McW0.Kc7)

神田ユウ


アレン…(振り返り抱きつくアレンに囁き、彼の顎に人差し指を添える。そして視線を合わせるようにこちらを向かせ口づけをしようとする。此方へと視線を向けている月の事には気づいているが、自身はもう気にしていない)

Re: 月花の庭園 ( No.78 )
日時: 2020/11/21 09:38
名前: 白花 (ID: uqFYpi30)


それならよかったですっ( 口付けを受けた額に触れ目を細め )
なんだか、見てるこっちが恥ずかしくなっちゃいます( 目線を移しては唇が重なりそうな2人、見ていられなくなっては月へと視線を戻し )

Re: 月花の庭園 ( No.79 )
日時: 2020/11/21 09:42
名前: 白花 (ID: uqFYpi30)

アレン

ちょっ…神田!今2人も居ますからっ…( 抵抗はしないものの 近すぎる距離に視線を逸らし小声で告げる。後で2人になったら…と付け足して )

Re: 月花の庭園 ( No.80 )
日時: 2020/11/21 12:56
名前: 月灯 (ID: McW0.Kc7)

あぁ、さすがにあれは…(神田君とアレン君の様子に苦笑浮かべ)

ユウ君(神田君の背に銀の鍵を放り投げる。扉にその鍵を使えば、彼等用の部屋が開かれるだろう)

Re: 月花の庭園 ( No.81 )
日時: 2020/11/21 13:00
名前: 月灯 (ID: McW0.Kc7)

神田ユウ


っ、鍵か?(声と鍵の金属音に気配を察し、左手でアレンを抱き、右手でパシッと鍵を掴む。手のひらには銀のアンティーク調の鍵が一つ。アレンにも見えるように確認する)

Re: 月花の庭園 ( No.82 )
日時: 2020/11/21 14:56
名前: 白花 (ID: QrByitfV)


あ…、その鍵、あの部屋のっ( 投げられた鍵を見てはやっと2人きりになれるね、とアレンを見て微笑む )

Re: 月花の庭園 ( No.83 )
日時: 2020/11/21 15:02
名前: 白花 (ID: QrByitfV)

アレン

あ…部屋の鍵。このにもしばらく入ってなかったなぁ ( 彼の手の中にある鍵を見つめ過去を思い出していれば ハッと月の方見る )…ありがとうございます ( 月に向けて笑顔を向けて )

Re: 月花の庭園 ( No.84 )
日時: 2020/11/21 19:58
名前: 月灯 (ID: McW0.Kc7)

しばらく使っていないから、埃とか気をつけてね(アレン君と神田君に笑みを浮かべ、手をひらひらする)

これで私も、遠慮せずにすみますからね(白花を撫で)

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38



スレッドをトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 4000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。