大人雑談掲示板

廃れた翠雨の日記帳
日時: 2020/09/08 07:45
名前: 胡蝶蘭 (ID: 51xGQIyI)

つらつらと日常を吐き出していきます。見ないでください。

Page:1 2 3 4 5 6



Re: 廃れた翠雨の日記帳 ( No.52 )
日時: 2020/09/25 06:46
名前: 胡蝶蘭 (ID: 6o33QSIx)

まともな仕事をすることになりそうだ。私は今更まともになれるのだろうか。とりあえず早寝して早起きするのは問題ない。3日だけだから、まだ頑張れるはずだ。自分があまりにも弱くて、サボってしまうときがあるかもしれないのが怖い。でも今の精神状態ならまだマシかも。わからないから怖いのだ。きっと私は頑張れるはずだ。まともな人間になりたい。10月から環境が色々変わるから怖い。もうずっと、休んでいた。本当はちゃんとした人間になりたかったのだ。
体調が治ったら、晴れたら、ランニングしたり、運動もちゃんとやろう。
ご飯は無駄に抑えなくていいと思う。夜は控えよう。でも昼間は我慢しすぎるとやっぱり鬱になるから。食べなければ痩せるし、動けば痩せると思っていたが難しい。
とにかく夜は食べないことだ。あとは、はたらき始めれば多少変わるだろう。ちゃんと向き合いたい。
明らかにこんなこと続けていたらストレスになる。普通に人間になりたい。早く現れてほしい、クララシカ。君を失って、私はかなりおかしくなってしまったらしいから。思い出はこんなにあるのに、辛いんだよ。かみさま、かみさま、かみさま……
結局君もかみにはなってくれなかったし。このまま放置して自然消滅してやろうかな。お前がその気がないなら放置でいいよね。私はもう、必要もないから別れたものだと思ってるし。無料で遊べたのは良かったんやかな。でも、ああいうこと言ってくるし、理解してくれないし、怖いし、普通に無理だと思う。あと、いないほうが楽なので。

気持ちが荒れちゃって仕方ない。それを抑えるのをやめてしまったところもある。これで嫌われたらそれまでだからいいのだけど。何かに対して消えないストレスがあるみたいだ。生きてるだけで何かに怒りがある。
さて、僕らが本気で苦しかったときと対応があまりにも違うじゃないかと憤りを感じるのだけど。薬を出せばそれでいいのかな。

Re: 廃れた翠雨の日記帳 ( No.53 )
日時: 2020/09/25 19:10
名前: 胡蝶蘭 (ID: QP.a7RVY)

こいつ面白くないな、と思った瞬間が恋の喪失。夢から覚めて魔法が解けた感じ。面倒だな、うざいな、煩わしい、しか感じられなくなったとしても、暇つぶしには使えるので、なんていつからこんな最低な人間になったのだろう。利用価値、以外で人間を見られなくなっていた。考えが、価値観が合わない。距離感バグってる。人の気持ちは理解できないし、嫌われたくないし傷付きたくない。エゴばかりで汚らしい。お金のための人間関係。人のことが金づるにしか見えなくなってきている。もうまともな人間になんてなれないのだろう。ずるいことばかりしている。自分の心を慰めるために人を利用して、ストレス発散のために人を攻撃して、暴言を吐き散らして、君を嫌いであることが心を慰めたから。こんなことしたら駄目だってわかるのに、攻撃的な思考が消えなかった。自分を隠すことに疲れたのだと思う。それじゃ駄目なんだが。僕は僕である。でもそれを認めてくれる人ばかりではない。僕が僕であるだけで愛してくれる人なんていないのだろう。親も友も神様も。だから愛を求めて、こんな汚いことをしている。危ないこともしている。優しいふりして、真面目なふりして、人を騙している。たくさん騙して、嘘をついて、盗んで。自分が汚れていく。もう戻れないところまで来ている。自分に誇れる自分になりたいといつか願っていた。もう、こんな自分は嫌いだ。しんでしまえと思うほどに。普通じゃない自分が嫌だ。

彼氏ができたのに、今すぐに別れたくて仕方ないとか。将来のことを考えてくれた人のことを、今は疎ましくて仕方がない。君と楽しい未来を、ちょっとだけ期待した。せめて友達のまま終わらせる努力はしよう。利用価値がまだあるから。楽しい時間を過ごせるかもしれないとか。クリスマスに利用してやろうだなんて。心を縛り付けて遊ぶ道具にしたいのだ。僕は好きでもない人と適当にイベントをやり過ごしたいだけ。惨めな思いをしないように、保険をかけたいのだ。くりぼっち、なんて言葉が悪い。イベント事に異性と過ごすことを強要される文化が気持ち悪い。それを多少なりとも意識してしまう自分もまた馬鹿馬鹿しいのだが。
今年も君を利用できるだろうか、とか思う。でもそもそも核心に触れたいのだが。利用したいのか、それ以上を求めているのか、僕もわからない。いや、求めてないのが本心だけど。年下は楽でいい。でも面倒なところはあるのでそれは言わないとだと思う。正直、利用したいところ以外に好感は持てない。つまりはまじで駒でしか無いのだ。駒を飽きられていたら嫌だ。僕はお前を利用するが、お前に利用されるのは癪なのだ。
なんだ、僕はすでに最低だった。

Re: 廃れた翠雨の日記帳 ( No.54 )
日時: 2020/09/27 21:34
名前: 胡蝶蘭 (ID: N0ZjjZIQ)

嫌いだ、お前を嫌いだと思えば思うほどにどうしてか楽になれた。これは自傷だ。傷つくことで楽になる。痛みは心地よいのだ。クララシカが僕のもとを離れていったこと、なかったことにして、他人になったお前たちを嫌うことが心の平穏。
人を騙すことも、疑うことも警戒することも疲れてしまったし、いい人というのはいるものだ。若さは武器になるし、見た目を良くしておくのも大事。それから同情を引くこと、清楚でおとなしく、可愛らしいを目指すのだ。そうすれば馬鹿な男は引っかかるのだから。これからも安定している美味しいものでも食べながら稼げそうだ。いらないものは捨てたし、辛いことからは逃げていい。生きるって、卑怯になることだ。奪って騙して盗んで、でも笑って相手をする。そんな都合のいい存在、卑怯に生きる。

隠れ家が見つかりそうで、少し楽しみだ。本当に僕にとって都合のいいことしかない条件で、良い出会いを果たした。家を出られる。もう大嫌いな家族と過ごさなくともいい。それはきっと素敵なことだ。10月からまともな人間になれそうだ。少しずつ変わっていこう。これほど狡猾に生きて、まともも何もない気がするが。クララシカに対する嫌悪や神の不在、今の生活、変わったことは多いけれど、少しずつ良い方向に転がればいい。しにたいなんて思いたくないのだ。ちゃんとした人間になるのだ。頑張りたい。

Re: 廃れた翠雨の日記帳 ( No.55 )
日時: 2020/10/02 06:01
名前: 胡蝶蘭 (ID: bFuOnLu7)

本当に親は私を大切にしてくれない。しんじゃえばいいのにね。生まれてきたことを悔いるのは普通じゃないそうだ。欠陥だらけの体で生きること、その苦痛をその人ならわかるかとおもったが。ひどい思い違いだった。私だけ、ずっと苦しかったんだ。ひとりぼっちになった気分だ。愛について語ったとき、その人は親の愛を知っていた。私だけ知らないんだ。誰の愛情も理解ができない。君が抱きついてきた、手に触れてきた。不快だとは思わなかったけど、何も思わなかった。でも好意を感じて、嫌だとは思わなかった。ああでも、男はみんなあんな感じなのか、と少しだけがっかり。それが一般的な愛情表現なのだろう。不快ではなかったのは、年下好きなのかもしれない。でも、どうだか。面倒だから付き合う気はないけど、キープの心を意中におさめてる感じがしてラッキーという感じだ。
今日は買い物に行こう。真面目にまともな人間になりたいので。明日はまた、大変な日になるけど。最近は心が安定していていい。楽になりたい。君を見ない日々が、私を楽にしている。皮肉なことだ。神と崇めた存在が、こんなに疎ましいなんてね。じゃあ今、私の神様はいるのだろうか。紙の不在でもなんとか生きられるなら、最初からそんなものいらなかったのか。わからない。僕らはきっとみんな、孤独で寂しくて、だからこんなことをして。盗みだって詐欺だってこなしてみせる、狡猾な生き物に成り果てた。この先何者になれるだろう。まともな人間になりたい。なのにあいつらは私を邪魔するんだ。好きでこうなったわけではない、愛が欲しかっただけ、ねえ知ってる?この気持よすべての答えにお前たちの間違った選択が含まれているよ。
愛されたかっただけ、生きてみたかっただけ、でもきっと、誰も許さないのだ。

Re: 廃れた翠雨の日記帳 ( No.56 )
日時: 2020/10/12 21:33
名前: 胡蝶蘭 (ID: rd7NbV2E)

自分だけが幸せになっていた。それが悲しかった。
しばらくの間僕がここに来なかったのは、その必要がなかったからだ。僕は、楽になっていたんだ。クララシカも必要ないくらいに、僕は今幸せなんだって気づいた。愛情を知ったから、友達の大切さに気づいたから、認めてもらえているから、僕は、僕だけが、幸せだ。そう思ったら何故か涙が出た。ああ、幸せだって、僕のために不幸になった君たちが哀れで、苦しかったのかもしれない。僕は、幸せが怖い。
何かをしていないと不安だ。好きなことをしていていいのか? わからなくなる。温かいキャラメルラテが無性に美味しかった。体が少しずつ壊れていくのを感じて、それでももう戻れないのは、病気のせいなのか。やりたいことはあるのに、やる気が出ない。やらなきゃいけないことと、やらなくていいこと、買わなくていいもの、沢山たくさんお金を使って、何をしてるのだろう。変わりたいと思うほどに、なんにも変えられなくて、ねむい。やりたいことがたくさんあるのにか時間が足りない。でも、もう僕にはクララシカが必要ない。明日も楽だといい。

Re: 廃れた翠雨の日記帳 ( No.57 )
日時: 2020/10/15 08:39
名前: 胡蝶蘭 (ID: xJyEGrK2)

愛されてるなんて、幸せなんて、勘違いだった。あれは全部、家族ごっこしたいだけのあいつのエゴだった。どうして勘違いしてしまったのか。バカみたいだ。泣くほど幸せだとおもっていたのに、あいつはそうだ、僕が逆らうのが気に食わないだけ僕が反抗的なことを言うのが気に食わないだけだ。家族ごっこだ。いうだけ無駄だった。言えば治る? バカじゃねえの。お前は何も治らないだろ。そもそも言ったら勝手に機嫌悪くして、くだらないことを言い出すだろう。感情に任せて何もかも否定したり、周りに当たったり、ガキみたいなことするだろ。自分のことを棚に上げたり、こちらの事情は何も配慮せずに言うだろ。愛なんてない。全部エゴ。こちらもいいように利用していたけれど、そうでしかなかった。頭の歪んだごみが。僕の状況を何も配慮しないで、ああああああ、しねばいいのに。普通の人間だと思うな。僕の努力を否定するな。僕は人一倍、家族を思いやってしまう優しささえ否定して。お前の中に愛がないことくらいよくわかっていた。もう騙されるな。酔っていたら何してもいいと思うな。僕は聞いたからな、いえば治るんだろう? やってみろよ、ポンコツ。これからは全て言うからな。それてだめなら一言、「いうだけ無駄だったな」と諦めてやればいい。本当の事だからだ。お前に誰も何も言わないのは、許したのではなく諦めたのだ。直せるならやってみろ。そうして後悔して、惨めに言い訳すればいい。親だから言う?それはつまり、親という立場、自分のほうが強いからだから、弱いものにマウントをとることが容認されるということ?親と子供という覆せない立場を利用して、こちらの発言のほうが有利だと言いたいわけだろう。ならば、それこそ僕は「あなたに何を言っても無駄」をただ実感して諦めるだけだ。そこで親子の関係を出すな、僕は人間として話しているんだ。親子であることを理由にするなら親の責務を果たしてみろよ。都合のいいときばかり親のふりをして、卑怯者。
いいさ、後悔させてやる。自分の機嫌を自分で取れないところや、まわりにあたり散らしていいと思っているところ、全部行ってやるからな。酔ってる状態ですることが許されると思っていることも言うからな。大人なんだから酒の配分くらい考えて飲め。
もう何をしても殴られないなら、僕は強く出ることができるからな。お前は悔しい思いをすればいい。

Re: 廃れた翠雨の日記帳 ( No.58 )
日時: 2020/10/23 12:49
名前: 胡蝶蘭 (ID: uqFYpi30)

朝のあの急かされる感覚がしんどかったな。前日に全部準備しておけばすむ話なんだけどね。何事も早くやっておけばよかっただけ。わかっているけれど。それでもしんどくて、結局逃げてしまったなあ。それから、眠くなるのも辛い。これもまた鬱の延長線だから仕方ないだろう。ちゃんとした人間になんてなれないな。病院にも行かなきゃいけなかった、仕事もちゃんとしなきゃだった、お金だけなくなってく、クソ男ども、返信よこせよクソザコキモクソナメクジ。
やらなきゃいけないことは済ませないと。睡眠時間を減らせばマシになるだろうか。何にも邪魔されずに好きなことだけしていたい。

やっぱりだめなやつって烙印を押されて、駄目だって言われるんだ。休まなければ許されたのか。どうすれば許されたのか、何もわからないけれど、許されたかった。電話一つで何もかも左右されて、ばかみたい、また消えたくなって、どこにも行けなくて、どうすれば助かるのか。また似たような生活に戻ってしまうのか、今かぬたまだってだめだを、許されたいのに、どこにいけばいい。明日からまた、似たようなストレスを抱えなければならない。まあいいか、私はまた戻れないのだ、仕方ないだろう。そうして最後は裏切れはいいのだ、なんだか疲れて、私も新しい神様にすがりたい。眠すぎるんだよな。早く作業をしないと。

夜眠れないと怖くなる。日中の眠さよりも、夜眠る事が対決大切だ。もう辛いのは嫌だ。

Re: 廃れた翠雨の日記帳 ( No.59 )
日時: 2020/10/25 13:02
名前: 胡蝶蘭 (ID: APISeyc9)

ああ、やっぱりここにいたくない。居場所がない。

僕はそこはかとなく男性がキモいと思っているというか、やっぱ男性嫌いなんだろうな。あいつらみんな結局体目当てじゃないか。すぐ触ろうとしてくるし、触ってくるし、何考えているかわからないし、女性を性的に消費しようとしか考えてないだろ。本当に気持ち悪いからしんでほしい。女性になら強気に出るやつ、暴力を降ってもいいと思ってるやつ、痴漢もそうだし、圧倒的に男って生きてるだけで害では?
ホモは怖いとか言うから、性的に狙われる恐怖はわかってるくせに、それを女性には平気でやるんだから気持ちが悪い。お前らなんか毎日ホモに掘られてろ。

まじで俺に関わってくるな男。俺を性的な目で見てくる頼むからやつみんな死んでくれ。

Re: 廃れた翠雨の日記帳 ( No.60 )
日時: 2020/11/09 09:18
名前: 胡蝶蘭 (ID: zwFbxykG)

なんでちょっとも理解してくれないのだろう。なんで少しも愛してくれないのだろう。なんで、私のこと信じてくれないのだろう。なんで私だけにこんなことするのだろう。なんで話を聞いてくれないのだろう。ぜんぶ、私が疎ましいからじゃないか。ああ、本気であっちに住もうかな。もうそういうことじゃないか。あいつにとって私は邪魔なんじゃないか。私はあなたに理解を示しているのに、あいつは私の事理解しようともしない、私だからそういうことをする、愛してないから。疎ましいから。なんで?私は障害を持って生かされて、病気で、自由に生活できないのに。私だって頑張りたいのにうまく行かなくて辛くて、なのに、ちょっとも私のこと考えようとしなくて。どうして私のことだけ愛してくれないのだろう。
親は絶対に子どもを愛するものだって話を聞いた。ならば、あの人も不器用にでも愛してくれているのだろうか、そう思った事もあった。けれど、やっぱり違うんだ。エゴでものを買い与えるだけ、感情をぶつけるだけ、私のことなんか疎ましいんじゃないか。
昔からずっとそうだった。障害のことは理解してくれないし、うつのことだってわかってくれないし、私なりに努力してるのにわかってくれない、私を理解する気がない。愛してない、うとんでる。私はあいつの身勝手で生かされた存在なんだ。今回のことでよくわかった。
もうここに来ることだってないと思ってたのにな。愛してない、理解する気もない、疎まれている、エゴでものを与えるだけ、全部あいつの気分を満たすためにやっていた行為だ。
ああ、疎まれるくらいならやはり、こんな家にいるべきではないのだろう。あの人に相談しよう。もうここにいるのは嫌だ。
なんで、ちょっとも理解してくれないのだろう。理由なんか考えるまでもなくて、だから途方もなく悲しかった。
親って、無条件に子供を愛するものなんだよ。そう言ってるのを聞いたことがある。うちはどうだ。私のことだけ、愛してくれないじゃないか。こんな欠陥品、いらなかった?
ねえ、家族ごっこは楽しいか?
私のことだけ愛してくれないのだ。ちょっとも私の気持ちを汲み取る気がないのだ。それならもう、こんな所は出ていこう。
いないほうがいいのだろう?わたしだけ。私だけ邪魔なんだろう?もう、あっちに住もうか。早く出ていこう。
でもなんでだろう。欠陥品でも、努力してたのに。お前が勝手に親になっただけなのに。大した稼ぎもないくせに偉そうな口叩いて、私のことだけぞんざいに扱って、全部そうだ。私のことだけ、全部。いらなかったなら、愛する気がないなら、所詮お前にとって私はアクセサリーなんだろ。勝手に欠陥品として作り出したくせに、ゴミみたいに扱うんだ。
男だからそういうものなのだろうか。だったら、本当に子供なんて持つべきじゃない。男は子を愛さない。欠陥のある子供を愛さない。少なくとも、自分の親だと思っていた存在は、そうだった。いらない子、なんだ。望まれない命だったんだ。欠陥品だと気付かぬうちは多少愛していたのかも。いや、あの男はずっとずっと私のこと疎ましかったのだ。世間体を気にして生まれただけの邪魔なやつなんだ。愛を信じた私が愚かだ。親は子供を愛しているなんて嘘だ。そういう美談は大嫌い。体を売ってでも金を稼いでこいと、そういうことなんだろう。

男はみんな体目的で近寄ってくる。父親は私を愛してはいない。欠陥だらけの体で、それでも努力して。やりたくないことだって我慢した。頑張ってもどうにもならないことばかり。欠陥があるから愛されなかったんじゃない、あいつは元から私を愛してなんていなかった。元々いらないものだったのに、世間体か?なんのため?ねえ、いらないなら産まないでよ。愛されたかった。お前の言うとおり、危険なバイトで稼いでくるからいいよ。

Re: 廃れた翠雨の日記帳 ( No.61 )
日時: 2020/11/22 00:20
名前: 胡蝶蘭 (ID: PRhXGwDk)

咳をしただけなのに。
どうにかしてころしてやりたい。
しんじゃえばいいのに。
どうしてぼくだけ。
お前が生まれてこなければよかった、
お前さえいなければ。
お前がいないことで幸せになる人間のほうがたくさんいるのに、なんでいきてるの?
どうか早くしんでくれ。
おまえさえいきていなければ。
おまえなんかしねばいい。
どうしてぼくばかり。
どうしてぼくだけ。
どうして、理解してくれないの。
なんで、こうなったのも全てお前のせいなのに。どうして、どうして。しねばいいのに。ほくだけ許されないんだ。おまえがしねばいい。許せない。許せない許せない。お前なんかしね。なんで。お前がいなければ。お前さえいなければ。お前がいなければ。ほんとうにたのむからしんでくれ。おねがいだからしね。おまえさえいなければしあわせなのに、しね。
あんななぐさめなんになる?結局僕がいなければいいんじゃないか。おまえがいなくなれ。なんでこんな気持ちにならないといけないの。僕は幸せになりたい。おまえさえ。おまえが。なにもかも、おまえのせいなのに。

Page:1 2 3 4 5 6



スレッドをトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 4000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。